SBT420の日記

名古屋グランパスのファン。

グランパス対ガンバの感想 J1第20節

豊田スタジアム、記念ユニフォーム、対戦相手がガンバ大阪、ということで何かが頭を過るけれど、何年前の話だよって感じです。

しかし未だに現地で見た試合では一番インパクトに残っている。もうほとんど忘れているけれど。

今日はそれを塗り替える試合になった。日中に流した汗が多かったから試合後に流す涙の分が残っていなかった。

 

スタメンがちょっと変わる。

ボランチ八反田選手は失礼な言い方だけれども、替えるほど悪くもないが使い続けるほど良くはない。ビルドアップの時、狭いところでも受けて前を向けない。ワンタッチでバックパスをする場面が多い。ので、長いパスが出ていく。と、選手間の距離が開く。すると、ネガトラに行けずカウンターを喰らう。の繰り返し。前半途中で玉田選手とポジションを入れ替えたようだったけれど、八反田選手も相手を外して前を向いてパスを受けると期待させるような雰囲気はある。監督がどういう意図を持ってスタメン起用したのか気になるけれど、それを考えるのもまた良いか。

 

引いて守る相手を前にして、縦にパスが入らないし推進力も出ない。横パスが多くなってパススピードもゆっくり。見ていてこれは面白くない。

 

2失点目は宮原選手は悔しいだろうな。あそこまで裏を取られるってのは珍しいから後でしっかり見直そう。

 

後半から八反田選手と玉田選手に替えて和泉選手と秋山選手を投入。

すると明らかに相手を押し込む。

和泉選手はガンバの遠藤選手と劣らないほどのパスも見せるし、狭いところでも細かいドリブルで切れ込んでいく。あれが本当のプレーなんだろうか。まだまだ上があるのかな。

秋山選手はアグレッシブではあったけれど、コンディションとともに精度も上がるかな。ペナ角での金井選手や前田選手とのユニットでの崩しがもっと見たい。

 

ジョー選手のハットトリックくらい加入当初からずっと期待していたし、それでも足りないくらいなんだけれど嬉しいもんだなぁ。

PK、前田選手のキレキレドリブルからのパス、自ら競り合ってからのシャビエル選手の落としに一番早く反応してのゴール。

前節に続いて見事な崩しもあり、ストロングポイントも発揮された。

厳しいマークがついているはずなのにそれをバリバリ剥がしていく。動きも軽やかだし。

何点取っても、残留に導いてくれても、得点王になってもまだまだ足りないほどの期待を寄せている。

 

この試合の前半は和泉選手とネット選手の存在感を痛感した。ネット選手の復帰はまだかな。内転筋ということらしいけれど、どういう状態かわからない。

そして青木選手が外れたことも気になる。彼の力もきっとこの夏には必要だから。

 

次はアントラーズと。

スタジアムにお邪魔します。