右左に左右される

左利きの日だそうで。

よく言われるのが注ぎ口のあるお玉が使いにくいという話。

本当にそうだろうかと疑問に思ってしまうのでそこまで共感できずにいる。

そもそもそんなに使わない。使うとしたらファミレスに行って食事をする時くらいか。

でもスープを注文しないだろうな。

他にも駅の改札口が通りにくいというのがある。そんなに難しいか?

さすがにパスケースを右手で持つのにもたつくようだとほとんどの物が持てないのでは。

書道はもうやる機会自体が皆無だ。筆ペンはたまーに使うけど、これは確かにちょっと構えないと失敗する。

文字を書く時、横書きだと手が汚れると言うけれど、今のご時世そんなに紙に文字を書くことも多くないのでは。学生ならともかく、デジタルメインの人はそんなに悩まないのかもと思うけれど。ふと、ブログを手書きでやってみようかなと企んだけど、面倒すぎる。いやでも、そういう面倒な事でもあえてやってみるのも一興か。

 

なんかこう、共感できないもののほうが多いけれど、決して否定しているわけではない。自分だってずっと左利きだから悩みを共有したいと思っている。

でも右手じゃままならない不器用さじゃいけないとも思う。右手のほうがやりやすいとわかっていても左手でもなんとかやれるくらいの器用さを持っていないといけない。

あと、出尽くしたのか知らないけど、新しい困ることも出てこないと同じ話題がグルグル回ってるだけになってる。左利きの利点とかもさ。それはスポーツばかりになりそうだけど。

 

左利きについて考えるとサッカーがやりたくなる。

自分にもっともっと行動力があればどこかのチームでも探すんだろうけれど。

センターバックか右サイドハーフをやってみたい。