結局は自分で

たまには何かしら見返りを求めないとやってられなくなる。

明日の自分を激励できるような精神状態じゃない。

 

 

J2最終節は試合終盤から見れた。

ゼルビアが2位以内に滑り込むには影響する他会場が多すぎた。

スコアが動くと最終的な順位が動くというシビアな状況は見ている側からしたら楽しい。

入れ替え戦になる順位が1つ下がるだけでかなり助かったんだけどこればかりは仕方がない。

グランパスが残留できるのを信じているが、決まるまで胃が絞られるだろう。

 

 

高校サッカーの県決勝。

名古屋対東邦。両校の応援からそこはかとなくグランパスを感じる。

そういう浸透の仕方を感じるのは今更かもしれないけれど。

 

何度か対戦しているらしいけれど、東邦は名古屋の対策をしっかりやってた。ビルドアップをディフェンスラインから先になかなか進めない名古屋はかなりしんどそうだった。でもキーパーもビルドアップに参加して数的優位ではあったのに中盤から先にボールを運べなかったのはなんでだ。もうちょい俯瞰なら東邦の中盤が見れたんだけどな。画面に6人しか見えないっておかしくないかな。とカメラマンにすら物申したくなってしまう。

 

グランパスの数少ない地上波での試合中継やダゾーンで実況を担当するアナウンサーの方は相変わらずだった。どうせなら良い意味でのくどさになるといいけれどなんとかならないだろうか。

あと全選手紹介する勢いのリポートの多さよ。高校生だし、出られない選手の想いを~とかで気を引きたいんだろうがさすがに押し付けがましく感じるぞ。