SBT420の日記

名古屋グランパスのファン。

グランパス対コンサドーレの感想 J1第5節

帰宅道中、結果だけ確認。

ニヤついた顔のまま歩く。

正直、試合を一通り見て引いてしまった。こんなにも圧倒していいんだろうか。何かしら良くないことが起きそうで怖い。いや楽しいことは確かなんだけれども。

風間監督はこれで通算100勝目。でもこういうことをあまり気にしない人だよね。

 

すごく手作り感溢れるホワイトボードを制作。

手作りと言っても、かなり前に某電気店でもらったホワイトボードを再利用してみた。

その制作と見直しに時間がかかって更新が火曜日になる始末。

 

3バックを試していたらしいけれど、442。アーリア選手が前線に入る。

コンサドーレは3421。守備時は5バック。攻撃時は5トップ。325かな。

f:id:SBT420:20190401215659j:image

 

 

コンサドーレの守備は引いた状態だと541になると思っていたけれど、前線に武蔵選手とチャナティップ選手の2枚残している上にアンデルソン・ロペス選手も守備にそこまで参加してこない。なのでDFラインと中盤2枚で守る形に。後ろ5枚の時もあれば、その内の1枚が飛び出して中盤のスペースを埋めたりしていたように見えた。

グランパスのSHとSBで相手SBを攻めると相手CBと中盤1枚が寄せて数的優位で守ろうとする。そうすると前線から下りてくるアーリア選手や内側に絞る逆サイドの選手を捕まえられない。縦パスやサイドからの横パスを受けて前を向く回数が多い。シミッチ選手のミドルシュートの多さが相手の中盤が空洞化していたのを表しているかも。

 

3点目も相手を中間ポジションで受けようとするアーリア選手が引き付けて丸山選手のドリブルが起点になった。一度ジョー選手に預けるけれど、そこでも相手を引き付け動かして丸山選手の受け直しが効く。

 

4点目。和泉選手のプレスバックからボールを奪ってボール保持してからの場面。

f:id:SBT420:20190401215539j:image

シミッチ選手からの斜めのパスをジョー選手が受ける。相手DFが一枚寄せてくる。

f:id:SBT420:20190401215546j:image

ワンタッチで米本選手に落とす。米本選手はワンタッチでフリーのアーリア選手へ。ジョー選手は動きを止めず、受けに行く。

f:id:SBT420:20190401215610j:image

相手DFが3枚寄せてきたところでアーリア選手はヒールパスでジョー選手へパスを出してあとはハイライト通り。

というようなことをホワイトボードで書いて図としていこうと思った次第。

 

この試合、選手それぞれに活躍が多過ぎてその全部を拾おうとすると恐ろしいくらい時間がかかりそう。

前節から様変わりして宮原選手の位置取りがエグいし、和泉吉田選手のキレキレさとか言いたいことがめちゃくちゃ多い。