SBT420の日記

名古屋グランパスのファン。

じわりと回る毒は心を濁す

世の中に転がっている教訓のどれも遅効性。
まさか自分がそうなるとは思っていない段階でもう逃れられない一歩を踏みしめている。
他人のことなど全く気にせず、独りで生きられるのならこんなにも悩むことなんかない。
人間関係で悩んだ時点でもう独りじゃ生きられない人間なんだと気が付くべきなのだ。


自分の好きな事はメジャーなのに、自分の周りにはそれを好きな人がいない。
それでもそれをまだ好きでいられるのは自分の根っこになっているから。

中学生の時、アコースティックギターを買っても長続きしなかったのは親しい人と一緒にギターを弾くことが一度も無かったから。
時が経って今度は中古のベースを買っても同じように続かなかったのはバンドを組むような人たちがいなかったから。
音楽を演奏することにハマりきれなかったのは酸いも甘いも経験していないから。


何かをするための時間を確保するために何かを削らないといけないのなら、真っ先にブログの更新をやめるべきかもしれない。