サッカー日本代表対韓国代表の感想

開始40秒くらいに左サイドの深い位置で車屋選手が抜け出した場面がめちゃくちゃフロンターレっぽくて良かった。その直後にPK獲得で先制。
そこから10分以上、というか終始ずっと向こうのペース。全く守備が機能していないように見える。強度が足りない。セカンドボールも拾えないし。疲れかな。失点も簡単にやられて残念。
それでも3試合目なら個人のアピールも込みで連携が少しは出て来るんだろうなと思っていたらそれ以上に守備ができない。
前から奪いに行くんじゃないのか。向こうのやり方がいいのだろうか。
フロンターレ小林選手が一人でプレッシャーに走っても後ろの守備がハマっていない感じがする。数的不利で守ってる。そもそもシステムが相手と食い違っていたのかな。
攻守においてサイドバックって本当に難しいポジションなんだなぁと。技術も戦術観も高くないとできない。あと中央のポジションなのにパスを受け直す動きが無い選手は見ていて気持ちの良いものじゃない。無駄に選手の評価を落とした試合になったな。
ボールを落ち着けて持てる時ですらボールホルダーの選択肢が少ない。受け手の動き直しができる選手とできていない選手がはっきりと分かれる。所属クラブでポゼッションを主としている選手は動き直すし、判断も速い。そうじゃない選手がパスをなんとか受けてもそことのズレでミスが発生する。そして技術が、ボールが足についていない。そこで奪われる。なんてもったいない。
とにかくインテンシティが足りないという印象がある。相手が相手なだけにそこで負け続けているから主導権どころか、自らアクションを起こして守備することができない。

代表定着に向けたアピールか、目の前の相手にとにかく勝つのか、という差かなぁ。