J1 チャンピオンシップ決勝第2戦の感想

レッズ対アントラーズ
優勝してほしいのはアントラーズクラブワールドカップで戦えそうなのはレッズ。
2点差以上の勝ちが求められるアントラーズのほうが難しい。得点を取りに行くアントラーズが最初から攻勢に出る。どれだけ攻撃し続けることができるかなぁと思って見てたらレッズのスローイン一本で守備の隙をつかれてしまった。レッズのクオリティも高いな。何と言うか、大人なイメージがあるアントラーズにはいつも余裕を感じていたけれど、とにかく得点を取りに行く姿勢からはそれがないような。レッズは速攻ができそうな面子だから前がかりになるアントラーズには有効だ。まぁ第1戦の結果からそういう展開にすることがレッズのやり方か。前半の早いうちに先制できたのは完璧か。どの道膠着した展開でもカウンター一本でも決まれば御の字だしな。
逆にレッズが押し込むとシンプルな攻撃でクオリティに力を注げるし、セカンドボールも拾えるから厄介だ。しかもこぼれ球も全部レッズにいってるように見えてくる。
アントラーズがレッズの守備を崩すには思考とプレーのスピードが上回らないと。前線の連動性が死ぬとシュートすら打てそうにない。守られるよりも先に攻めないと。俯瞰で見てても予想外な動きを狙ってできるくらいの余裕のある動きができるはず。
前半のうちにアントラーズが追いつけた。これでまだいけると思って少しでも余裕のある攻めができる流れになれば。ああ、アウェーゴール数で勝てばいいのか。
後半はちょっと夕飯の準備とかしてからあんまりしっかり見れなかった。同点に追いついたアントラーズはバランスよく試合を運んだかな。選手交代も偏ることなくって感じだったのかな。1枚疑問に思った交代があったけど、肩のケガがあったから?だったとしてもなんだかなぁという交代だった。逆転してからはいつも通り余裕のあるアントラーズだった。
PKの判定になった場面、あれは決定機阻止で一発レッドではないの?そうじゃなくてもエリア内で後ろからのチャージはイエロー止まりなのか。レッドで退場でもおかしくないと思うけどな。
レッズがパワープレーして効果が出たのをもしかしたら一度も見たことがないかもしれない。
これでまた最後の最後だけだったけど失速と言われるだろうな。
色々あったからこそ、それがプラスに働いた結果が優勝か。色々あって大きすぎるマイナスをプラスに持っていけなかったクラブは降格しました。オリジナル10が優勝してオリジナル10が降格しました。おめでとうアントラーズ
まだ天皇杯とかあるけど、ひとまずお疲れ様でした。