SBT420の日記

名古屋グランパスのファン。

グランパス対アントラーズの展望 J1第34節

グランパスは来シーズンのユニフォームをここで着用するそうで。

新しいユニフォームを見た選手たちのリアクション動画が連日投稿されているけど、それだけで来シーズンもその選手がいるかいないかはわかんないよね。まぁ一喜一憂するのもわかるしどの選手もいてほしいのだけれども、来シーズンの戦い方がどちらかで離れる選手が多いか少ないかが決まりそう。

 

アントラーズといえば期限付き移籍中の相馬選手。

きちんと確認はしていないけれど、終盤の途中出場が多いみたいだ。

E1の代表に選ばれてた。五輪代表を選ぶための選出が多くてどの選手が有力なのかややこしくなってきた。

この選手には来シーズンどちらにせよ帰ってきてもらうべきだと強く思う。

 

ヴィッセル戦で予習。

序盤から相手と噛み合わず、ボール保持され押し込まれている。

オーソドックスな442では攻撃時343は捕まえられないよな。ビルドアップはGKも参加するから10対11になるし。

ヴィッセルは左サイドからの攻撃が半分以上。内田選手に対して数的優位を作っていたかな。まぁあんまり考えたくないけれど、そこを狙い目にするのはわかる。三竿選手がいればボランチに入って永木選手が右SBやるのかな。ここの層ってどうなってんだろ。主力選手が夏にたくさん移籍した影響かな。

 

今のグランパスヴィッセルと同じようなボール保持はしないので、おそらく引いた守備から入るんだろうな。もう慣れたというか諦めたというか。

アントラーズに持たせても良いことって少ないような気がする。グランパスが守備時4321だと、レオシルバ選手あたりにゆっくりボールを散らされて中盤がスライド続きになって綻びそう。大外で受けられてから後手の寄せになってもそこで奪ってカウンターに行けるならチャンスは作れそうだけど、外→内のパスでハーフスペース切り裂かれそう。

ポゼッション明け渡してもせめて442でスタートしてくれたら早々失点の心配も少なそうなんだけどな。

アントラーズACL出場権を天皇杯と合わせて可能性があるから前の方に重心を置いてくるはず。しかしどうやら得点力が不足しているようで。ヴィッセル戦で1点取ってるけど、崩して取ったと言うより土居選手のスーパーなゴールだったのでまだ解決には至っていないかなと。

 

相手にスペース与えず縦パスも入れさせない上手い守備をしつつカウンターの迫力が出せれば、背走するアントラーズもさすがに疲弊するはず。そういう時間帯にボール保持して攻撃と決定機の回数がどれだけあるか。目論見通り試合を運べれば勝点積んで今シーズンを終えられるんだろうけど、その内容が面白いかどうか。

チケット完売してないみたいだけど、今のやり方がどう思われているかは数字が出れば明らかになりそう。リスキーで自信がないと成立しないフットボールでもたくさんの観客ではそこを補えないんだろうか。

面白いと思えるものが最後にまた見られると嬉しいし来シーズンへの期待にもなる。

 

この試合の実況解説が下田さん戸田さんのコンビ。

嬉しいようななんとも言えない複雑な気持ち。

しかしこの2人が今のグランパスをどう話してくれるのか興味深い。

部屋の中の不審者

寒い寒いと言うけれど、そりゃそうだ12月だもの。

ということでタイツ着。

また重ね着が捗るけど、鏡を見ると通報されそうなやつがいる。

 

 

ワートリ葦原先生の状態が気になるな。

天気で描けるかどうか左右されるのは辛いな。

個人的に低気圧が体調に影響してることを自覚してない。ダルさくらいかな。

折れない腰

腰が痛む。

体幹が使えてないからかな。

筋トレの翌日はあんまり調子良くないけど、もう1日経てば動けるから姿勢に気を付けて我慢かな。

 

 

もしかしたら邪魔してるかもしれないと思いつつしてる気遣いが意図しない捉えられ方されるのは周りの願望なんだろうか。

 

 

ジャンプ次号の新連載、+で読み切りが読めた。稲垣先生の宣伝に釣られて。コメディで面白かったし、あながち間違ってなかった。

ジャンプの感想 2020年1号

ヒロアカ。うーん、個人的に父と子の関係を真剣に考えられるほどのコミュニケーションをリアルに取ってない事は割と大きな問題だと思っているので、エンデヴァーみたいな父親にしないほうが好ましい。さてかっちゃんのヒーロー名はどんなので最初に誰に話すのかな。やっぱりオールマイトかな。

石。千空はまだ何か手があるのか。石化装置の使い方の一部が出てきたけれど、どういう仕組みなのかがすごく気になる。しかし1m1秒ならバックステップ1歩で回避できたのでは・・・・・・。何にせよキリサメさんは必ず救出してもらいたい。そして銃はヨーが使うとかなりの精度だ。

排球。扉絵、ファンサに向かなそうな2人だ。まさか研磨がスポンサーとは。肩書が今風でそれっぽいし似合ってる。つまんなくなったらやめるってシンプルだけどすごくプレッシャーになるな。「”無事”を習慣化する」って話は染みる。けど、どういう解釈でそうなのかまだわからない。じっくり消化しよう。

新連載。そんなにごちゃごちゃ考えずに読むのが良さ気。あーだこーだ考えすぎる方がダメだってことに最近気がついたので。ただ、似てると感じてしまったと同時にヒロアカや堀越先生に挑むのは無謀だと思った。

 

ビーストチルドレンが終了。

なぜもっと早くスクラムの話をやってくれなかったのかと。何回かは言いたい。

スポーツもののテンプレ展開よりも先に、ラグビーっていう競技の良いところをもっと最初に教えてほしかった。そういうのを最初にわかっていれば、あるある展開の練習試合でも感じ方は違っていたはずなのだ。

 

次の新連載は予告だけじゃ内容全然わからないけど、閉鎖的空間に男3女1だともうエロ漫画じゃ。そういう思考になるくらい汚れちまってるんだよ。

どうでもいいけど、アストラはそのへんどうしてたんだろ。本当にどうでもいいけど。

 

ワンピース尾田先生のハマってるものベスト3全部、何なのか知らない。

藤本先生の言う武士スタントはたしかに面白い。

 

背表紙でやってたキャラの名前しりとりの類の企画はやらんのね。まぁちょっと無理のある感じがあったし、労力と地味さを天秤にかけたらやらないほうがいいよね。

ジュビロ対グランパスの感想 J1第33節(2-1)

情報遮断するならヤフートップページにも気を付けないといけない。

 

グランパスは引き分け以上の結果で残留が決まるはずだったんだけど。

ただ失点しない守備だけでいいはずもなく、CKと誤審の失点を重ねてしまうだけで守備していた時間って何だったんだろうと虚しくなる。その時間で攻撃していたほうが良い。というかそういう競技だよ。得点を取り合うっていう。

 

ジュビロはわずかな残留の可能性を信じていたから、目に見えない部分がインテンシティを上乗せした。球際、ポジティブトランジションで何度もボールを回収していた。ビルドアップよりも前線の選手が良い状態でボールを受けられていたかと。

 

グランパスはカウンターでシャビエル選手が左サイドへ流れてキープする場面が多かったけれど、ファウルも取られないから手詰まり感が強い。

 

前半のボール保持率34%。後半から使える核弾頭があればこの数字も別にいいけど、前田選手は対策されてるし、ジョー選手は不発が続くし、シャビエル選手は1人で突破する選手じゃない。手札も少ないし今回は使い切らなかったし。

 

今の体制じゃ攻守一体なんて実現不可能だよ。

攻撃のための守備はできないし、自陣の守備も相手の勢いに耐えきれない。

完全に役割分担された攻撃陣と守備陣。遠い距離感で分断されてしまう。

 

来シーズンもこんな感じなのかな。

正直、見たいフットボールじゃないし面白い部分を見つけるのが難しい。

 

上手くいかなくて我慢できず監督解任した挙げ句の果てが事実上の残留。

2年半の間ずっと続けてきたことを貫いて降格するほうがまだ格好はつくよ。

 

最終節はアントラーズと。

豊田スタジアムへ行きます。