SBT420の日記

名古屋グランパスのファン。

漫画

ジャンプの感想 2020年42号

ヒロアカ。大きすぎる力に身体がついていってないのはこれまで何度もあったけれど、OFAは継承されてきた個性が複数発現させてしまうとどうなるのってことかな。デクはこれ以上発現させてしまうと命を削ることになるんだろうか。劇場版を加味した妄想をすると…

ジャンプの感想 2020年40号

ヒロアカ。飛んだ。死柄木が75%で、デクは平常時30%、インパクトの瞬間45%。このあたりの数字は目安になるかな。浮遊と黒鞭カッコいい。しかし次はお休み。はやく。 石。こちらも飛んだ。龍水もプラスウルトラしてるよ。新人賞募集ページの稲垣先生のネー…

ジャンプの感想 2020年39号

ヒロアカ。「今ならどんな困難にも~」のセリフ、ここで出すべきなのか? なんだかすごく良いのにそういうタイミングではないような。ギガマキをいいところで切り替えたのこの背景見開きのためだったのかな。でもどうせだったらもう少し俯瞰にアングルを取っ…

ジャンプの感想 2020年38号

ヒロアカ。死柄木の言うこともなんとなくわかるような。エリちゃん引きはズルい。 石。センターカラー。相手の監視と一時的に協力したり、クロムの頑張りを読者視点で見せるのエグい。こういうのは刺激されるよ。 新連載。久保先生のこれは以前読み切りが掲…

ジャンプの感想 2020年36・37号

ヒロアカ。センターカラー。芦戸ちゃんを描いてもらえると活き活きしてるのがまた楽しいので好き。怖いけどそれを溶かして行けってうまいこと言うなぁ。怖いの思い出しちゃった瞬間に助けてくれた切島くんには惚れるしかないじゃあないですか。そんで良いと…

ジャンプの感想 2020年35号

ヒロアカ。表紙巻頭カラー。6周年。ギガマキ対A組B組か。燃える。こういうオペレーションはたまらん。しかし芦戸ちゃんのセリフは何かしらのフラグではないかと不安になるな。トガちゃんは何を思う。で、そんな芦戸ちゃんが突っ込んで来るってのは激燃え。待…

ジャンプの感想 2020年33・34号

ヒロアカ。1コマ目からかわいい。食らいつくプロヒーローからのギガマキ対A組の流れは熱いな。マウントレディが中学時代に縋った男が気になるがなんで言わせたかわからないセリフの中にも面白さがあるな。 石。ゼノもドン暗算できるのか。かっこいいよねこれ…

ジャンプの感想 2020年32号

石。センターカラー。プラチナ持ってる硝酸は作ってるのか。石化装置が使えなくても手札として機能するっていうハッタリは好き。うーん、ギャグとしては面白いのかもしれないけれど、やっぱり指を鼻の穴に突っ込むっていうのを女の子にさせるのはどうなの。…

ジャンプの感想 2020年31号

ヒロアカ。最新刊がミルコさん満載で最高。裏表紙見て声が出て、登場人物紹介ページ見て天を仰ぎ、おまけページで息が止まる。本編。マニュアルさんの水が涙に見える。生徒にこんなこと言われたら泣く。ギガントマキアを止めるのマウントレディかい。いやそ…

ジャンプの感想 2020年30号

ヒロアカ。「最悪」の展開は起こりうる。そういうセリフを言わせるにはグラントリノは適役。脳無の行列に驚く表情に笑ってしまった。デザインもすごいな。あ、冬美先生の生徒になりたいです。 石。センターカラー。きれいなゼノの中にもそういう思考が見え隠…

ジャンプの感想 2020年29号

石。デキる女というのがまさしくこういう感じなのかどうかはさて置き、ルーナのキャラは面白いです。ギャグ顔は良いとして、ヒロインたちに鼻水出させるのはどうかと思う。夏休み、があるかどうかはわからないけれど自由研究でアイス作りする少年読者が多く…

ジャンプの感想 2020年28号

ヒロアカ。かっちゃんの思惑と「くらいついている」が良いね。モノローグコマでの立ち位置と回想と加速で並ぶ流れにグッとくる。こんな感じでヒーローとして2人が競っていくのかな。見開きのベタフラッシュっぽいのはどうやってるんだ。次はお休み。 石。ゼ…

ジャンプの感想 2020年27号

ヒロアカ。エンデヴァーと通信してるバーニンさんの後ろにいるデクのコマ好き。こういう構図とか演出が映画っぽい。最近多くなっているような。ラグドール挟むとかも。死柄木がどの個性を使っているのかハッとさせられる効果にまんまと。プッシーキャッツは…

ジャンプの感想 2020年26号

ヒロアカ。絵の構図が強くてもう。死柄木の周り以外何も無い引きの絵。トガちゃんと下から生えてきたマキアの手。最後の「寝起きに~」というセリフもセンスで殴られる。 石。唆られてる表情なんかそれは。色んな感情を想像させるな。無線でだけど接触までの…

ジャンプの感想 2020年25号

ヒロアカ。声は初代だったか。良い壊しっぷりだ。映画とかで大都市や車を派手に壊しているのを見ると監督とかのこだわりみたいなのが見えたり見えなかったりする。崩壊から逃げる場面を映像でうまくイメージしたいね。勝ち宣言の直後にデクのエアフォースは…

ジャンプの感想 2020年24号

ヒロアカ。前回からの引きで今回の導入はあるある。もったいない、腰を折られたようだ、というのは読者の勝手な都合だけど、やっぱり度し難い。本誌での引きだと時間的に長く感じるけれど、単行本だとそうはならないからそっちで読んだ時にどう感じるかかな…

ジャンプの感想 2020年23号

ヒロアカ。おおう。この死柄木の頭の中?の世界はさすが。独特でちょっと怖いくらいに感じる。でも手の演技をこういう形で表現してくるとは思わなんだ。水たまりでの感電で心拍が回復するかどうかは知らないけどどうなんだろう。デクへの声は7代目かな。それ…

ジャンプの感想 2020年21・22号

ヒロアカ。最初のページで白目になるよ。はよ治してミルコさんを。イレイザーヘッドかっこよ・・・・・・。突入したヒーローの中にトイトイいるじゃん。こういう細かいところも好きだなぁ。 石。ワニの肉を食べたことがあるという圧倒的説得力。 排球。ほかほかの…

ジャンプの感想 2020年20号

ヒロアカ。ちょっとこれ以上ミルコさんをボロボロにせんでほしいよ先生。イレイザーヘッドとプレゼント・マイクの戦闘は久々か。おそらく連携もするだろうし、楽しみ。 石。センターカラー。アナログな人力GPSとは言えそこにはイマイチどころかちゃんとした…

背中だけが痛みを背負ってる

自業自得で痛い目見てる。 具体的には肩甲骨の間が痛い。 背中が丸くなる姿勢で固まるとこうなる。 しんどい。 ワンピ単行本告知CMを見かけた。 全伏線回収開始ってやつ。 うーん、こういうのは個人的には好かん。 まぁ単行本買ってないし、そこそこどうでも…

ジャンプの感想 2020年19号

ヒロアカ。センターカラー、これずっと見ていられるやつだ。(ボロボロじゃない)ミルコさんならなんだってずっと見ていられるけれど。荼毘は本当に轟家なのかどうかもわからなくなってきたぞ。 石。この作り方で美味しいビールができるということでもないよね…

ジャンプの感想 2020年18号

ヒロアカ。まずアニメ。ミルコさん登場したけど、声優さん誰よ? エンドクレジットに名前が無かったような。あと次で最終回だけどエンデヴァー対ハイエンドはどこまでやるんだろう。本編、ホークスの本名が荼毘の口から出てきたわけだけど、アニメのエンディ…

ジャンプの感想 2020年17号

ヒロアカ。まずアニメ。文化祭ライブ、耳郎ちゃんファンは五体投地もの。みんなの笑顔が素敵やん。泣いた。ダークシャドウの暴走でほとんどのことは解決できそうだけどしばらく見られそうもない。ついでに常闇くんがホークスの死亡フラグ立てるのやめて。泣…

ジャンプの感想 2020年16号

ヒロアカ。なんかこう、あああっ、って言いたくなってしまうな。ホークスとトゥワイス。 石。原作の稲垣理一郎先生はポーカーがお好き? ここで思い出されるアイシールド21のアメリカ横断編。千空の方がヒル魔っぽい。 排球。表紙巻頭カラー。もう8年か。四ツ…

ジャンプの感想 2020年15号

ヒロアカ。このタイミングで上鳴くんにスポット当てるの不意打ちすぎるし、やっぱり彼は耳郎ちゃんなのね。で、ミルコさんは?こういう時、前回からの流れを切られるのはもどかしい。しかもホークスとトゥワイスの引きだとどうなるかわかんないし。 石。ほん…

めくるページを手で感じながら

ふと、自分の原点みたいなものを思い出す。 wikiのトップページに出てた『キャプテン翼』の記事を読んで、これがそうだと。 漫画もサッカーも好きになったのはこれを読む前だったかもしれないけれど、それらを加速させて今に至るのは『キャプテン翼』を読み…

ジャンプの感想 2020年14号

ヒロアカ。ミルコさんカッケーけど・・・・・・腕が!! 日曜の夜に堀越先生がTwitterに投稿したミルコさんの絵、左手を素敵なジャケットのポケットに入れていたのはそういうことだったのか。(多分そこまで考えてないかもしれないが) 石。3周年巻頭カラー。結構緊張…

ジャンプの感想 2020年13号

石。降ってきた石化装置は壊したっていう割と重要かつ気になる点をサラッと。ソユーズが似てるってだけで頭首の息子だということにはならんだろうけど、そういう必要ない面倒なことはスルーしてくれる。キリサメさんを仲間に加えるのグッド。石化装置の投擲…

ジャンプの感想 2020年12号

ヒロアカ。アニメではジェントルとラブラバが登場。山ちゃんさんと堀江さんの声は脳内再生できるくらい今まで聞かせてもらってきたけれど、その想像を超えるものをやってくれる。間違いなく良いものになる。本編、ミルコさんのなびく髪が素敵。しかし、頼む…

ジャンプの感想 2020年11号

ヒロアカ。ほしいと思う個性が「2倍」なことに気がつく。ミルコさんのカッコエロさがなんかこう、素晴らしすぎて感情ごちゃついて悔しくなってきた。ただ、単独先行はあまりよろしくないフラグ。しかしなんだか面倒なことが続いているようで、懸念されるのは…