天皇杯の感想 準々決勝

フロンターレレイソル
リーグ戦と面子を大きく変えても変化が少ないかどうかは気になるところ。特にこの対戦はリーグ戦との連戦になる。マリノスジュビロセレッソアルディージャもそうかな。
初っ端から前線からのプレッシングをするレイソル。後ろも連動してパスコースを潰す。引いて守るだけだとフロンターレのボール保持から始まってしまうのでそうすることはほぼ定石と言ってもいいかも。そのプレッシングが続かなくても少しくらいバランスやリズムを崩せれば良い。ミスもあってビルドアップからうまくいかなかったな。
レイソルの両サイドは突破力がある。中央に得点力のある選手がいる。それだけでなんかいけそうな気がする。サイドの攻防で負けると後ろのスペースを使われると後手になる。そうなるとフロンターレのパススピードについていけない。けど思っていたよりもセンターバックボランチも堅い。引いて守ってもペナ角のプレッシングが強い。
フロンターレのビルドアップ崩して、ハーフスペースも中央もガチガチにしたらシュート打てないよ。前からいくのと後ろで構える守備のメリハリがしっかりあって運動量の多さが存分に発揮されていたレイソル
どちらかと言うと直近の試合はフロンターレばかり見ていたからレイソルについては少し知らないことが多すぎた。そのせいもあってこの展開は予想外だった。

マリノスジュビロもどちらに転ぶかわからん、アントラーズヴィッセルにPKまでもつれて負けてしまう。リーグ戦の予想を難しくさせるなぁ。


ふと、テレビとレコーダーの配線を整理しようと。
無心になってやってた。というか楽しかったな。きれいに収まったからというのもあるけれど。