自己責任料理

食パン1枚食べるだけでも惜しまなくなっていた手間。チョイスしたレシピがドンピシャすぎて。
簡単な一手間をかけるだけだけど、もしかしなくてもこういうのが料理にハマる瞬間だったりするんだろうか。
まぁ単純に毎日の料理が普通に楽しいから、もう既にハマっているということなんかな。
そもそもインドア、引きこもり気質な自分がハマりそうなものとしては当たり前のような着地をした気がする。
作った物も全部自分で食べるから誰の迷惑にもならないし。

毎週買う物は決まってきているのにも関わらず買い忘れが発生するのは何なのか。基本的に買う物は変えずにレパートリーを増やしたい。し、もっと出費を抑えたい。
年末年始に実家に帰った時には母親からそのあたりを教えてもらうかな。帰る日を指折り数えるのはそれもあるけれどやはり美味しい物を食べられる楽しみがあるからだ。


季節柄、仕方が無いかもしれないけれど、カラスだらけの緑地公園を走るのはそんなに気持ちの良いものじゃあない。
夕方、別の公園の横を通ると少年サッカーの練習が行われていたり、柴犬と散歩する人を連続で見かけた。断然そっちのほうが良い。