日本代表戦の感想

日本対ブラジル
スタメンが割りと固定されてきている。433も。守備から攻撃の形を作るなら前線に枚数残してそこから追い込んでボールを奪う感じかな。格上との対戦でドン引きせず、ある程度試合をコントロールしないと難しくなるからこのやり方は嫌いじゃない。むしろ取りどころを決めて狙いを定めて相手を混乱させて速い攻撃を仕掛けるのは好き。
キーパーはディフェンスラインとの連携を考えたら大きく変えるのは怖い。センターバックの1枚はまだ確定されていない気がする。個人的にはアントラーズ昌子選手が来てくれたらと。両サイドバックは攻守でのプレーにもっと強度を出してほしい。ウッシーが……ここ使えないの本当に辛い。アンカーは長谷部選手で文句無しだけど、まだ無理してほしくない感じがするので代役は必要。誰がいいかな。山口井手口選手の組み合わせは確定。ここがどれだけコンディション高く、連動して走り回れるかかな。この2枚の堅さと攻撃のアクセントがキモになりそう。前線3枚はシンプルでもクオリティ高いプレーができる選手がいいな。大迫選手がファーストチョイスだろうけどザキオカさんも手札にほしい。でも守備的になりすぎるというか、攻撃に移れないかな。サイドはスピードのあるドリブルパスシュートを持っていると良いか。カガシンさん入れたいけどドルトムントとはほぼ逆な戦術っぽいしなぁ。代表なら選手間の連携よりも選手個人のクオリティが連続して一瞬でも輝けば得点が期待できる。現実的な可能性の追求としては支持できる。というか純粋に面白い選択だしうまくいけば楽しそう。
今現在の選手の出来が良くてもどうなんだろう。国内組は来シーズン開幕くらいの状態じゃないと何とも言い難いし、海外組は今シーズンの内容と数字とか考慮しないと。代表での出来と所属クラブでの出来のどちらを重視しているんだろう。
ブラジルからしたら日本という対戦相手をどう考えているんだろう。格下ではあるけれど、本番を想定するなら欧州との対戦が望ましいよな。やはりまだ選手選考の段階かな。まぁ日本ならラフプレーで選手を壊すようなことはしないし、全く話にならないような弱さではないはず。

まさかのビデオ判定でPK。結構遡っての判定だったな。審判側が進行させちゃうから選手たちも把握するまでに間が生まれる。やっぱり取られたから不服な面を感じるけれど、選手や監督の申請があってからビデオ判定に移るべきなんじゃないかと。
序盤から守備がハマりかけたように見えた。それが続かなくなった後の守りに辛抱強さが出せたらいいけど相手のレベルが高すぎる。技術とスピードで簡単に剥がされる。
ポジショナルプレーを作られるとどうしようもない形になる。そもそも質的は常にあるとして位置的、数的までになるともうお手上げ。
点差が開いた後半は緩むよね、気が。現場は違ったかもしれないけど、ガチガチな雰囲気ならもう少し苦労しただろうな。選手交代も6枚だとバランスの維持も難しいだろうし。でも後半の守りは良かった。サイドに張るジャガーは見たくないと思っているけど躍動感たっぷり。あとはゴール前での精度か。井手口選手はなんか相手との相性が良くない?取れるボールが取れなかったり、取られないファウルを取られたりでまさに踏んだり蹴ったりな状況だった。環境の違いやメンタル的なことかな。
後ろの守備が整ってから前線の守備が追い込まないと意味ないから、常にプレッシャーに行かないとやられるという見方はいかがなものかと。危機感煽ってばかりの実況解説は聞いていられない。

まぁ後半は片手間に眺めていたし、どちらかと言うともうJ2のことばかり考えているから代表の心配をしている余裕はそんなになかったりする。