行われない祭

別に珍しいことではないけれど、一日中ずっと眠たい。

無理矢理覚醒状態を維持している感覚。

 

 

実は昨日、姉の誕生日だったことをふと思い出した。

しかし何があるわけでもなく、そもそも家族の誕生日だからと言って何かするような家庭ではなくなっているという悲しき事実に気がついてしまうという悪循環。

小さい頃はケーキを囲むくらいのことはしていたんだろうけど、夕飯のグレードが少しだけアップするくらいで盛大に祝った記憶はほとんど無い。理由は多分面倒だからというものだろうな。

おかげで両親の年齢もパッと出てこないし、祖父母の誕生日すら知らない末裔がここにいる。

 

 

うーん、相撲のことは良く知らないけれど、横綱は膝が痛いから休みますって言ってしまえばそれでいいのか。

横綱になってからそんなに成績が良いわけでもないらしいし、痛いのが本当かどうか怪しく思わせるくらいには興味が出た。

結果も出てなくて休んでばかりなのに給料はそのままで許されているのならさすがに甘いよなぁ。誰かそういう違和感にツッコミを入れているんだろうか。

まぁ漫画で得られる程度の知識でいいか。