ジャンプの感想 2018年6号

石。こういう形で知識を物語に組み込んでいく上手さには平伏すしかない。千空の苗字がこれで判明したけれど、早く次が読みたいぜ。実家に戻ったついでにアイシールド21を一気に読み返してきた。実はかなり久しぶりに読み返したけれど、改めて読むと色々と発見もある。とりあえず、まも姉が最高だった。
ヒロアカ。特にかっちゃんなんかは、彼自身に向いた試験内容ではないと合格できないのではないだろうかってくらいにイジられてる。子供のどれくらいの割合がヒーローに憧れたり志すのかな。先生の威厳とかも保たないと意味なさそう。何気にケミィの個性は初披露になるのか。早く次を。
集団。ちょっと待ってなんでこれで終わるのさ。結局、七瀬ちゃんと創始くんのあれこれの決着はつけないままか。まぁ想像の余地を残してくれたと解釈。目次コメント通りなら、こちらとしては待ちますよ。ひとまずお疲れ様でした。
読み切り。うーん、これ連載考えているんだろうか。正直ダメになってしまったニセコイよりも読んでいられない。そもそもゲームやらないから全然入ってこないし、あんまりe-sportsの話じゃないね?これよりもつまらなくてもいいから別ジャンルかなぁ。